高級ダウンのクリーニングはどこがおすすめ?料金は?

高級ダウンのクリーニング
あや
モンクレールやカナダグース、デュベティカ、ノースフェイスなど、「高級ダウンのクリーニングはどこにお願いすれば良いの?」、「信頼できるクリーニング屋さんを教えてほしい」といった質問を受けることが多いので、記事にしてまとめてみました。

高級ダウンのクリーニングはプロに任せよう

いくつも比較して、高いお金を出して買ったお気に入りの高級ダウン。

大切だからこそ、きちんとお手入れして、綺麗に長く着続けたいものですよね。

この記事をご覧の方の中には、「自分で洗濯するか迷っている」方もいらっしゃるかもしれませんが、それは決しておすすめしません。

ダウンをご自分でお洗濯して、ぺったんこになってしまったり、汚れが全然落ちてなかったりという失敗談を何度も聞いてきました。

クリーニングのプロがどのようにダウンを買ったときのような状態に復元するのか、記事の中でご紹介します。

記事をお読みいただければ、プロに任せた方が良い、ということがお分かりいただけると思います。

結論:高級ダウンのクリーニングは「Kileina(キレイナ)」で。

とりあえず、おすすめのサービスだけ知りたい!という方のために、私が厳選した信頼できるクリーニング屋さんからお伝えしますね。

私は高級ダウンのクリーニングは必ずKileina(キレイナ)』さんをおすすめしています。

たくさんあるクリーニング屋さんの中で、どうして『Kileina(キレイナ)』をおすすめしているのかご説明します。

高級ダウンも安心の『Kileina(キレイナ)』とは?

Kileina(キレイナ)の高級ダウンクリーニング

『Kileina(キレイナ)』は、通常のクリーニングでは取り扱えないハイブランドのお洋服や、洗濯表示のないお洋服などのクリーニングに対応してくれる、大変珍しい宅配クリーニングサービスです。お洋服を本来のあるべき姿に復元するという、ただ綺麗にするだけにとどまらないサービスを提供しています。

どうしてそんなサービスを提供できるのでしょうか。

それは『Kileina(キレイナ)』の技術者さんたちが、ウエディングドレスや和服等の婚礼衣装舞台衣装や、ダンス衣装等の特殊衣装を専門に扱う会社の出身だからです。

一般のお洋服とは異なり、それらの衣装には、取り扱い表示も、素材表示もありません。その都度、素材と汚れやシミの種類を見極め、洗い方、メンテナンス方法の判断を求められます。そんな衣装ばかりを経験しているプロフェッショナル集団だからこそ、実現できるサービスとなっています。

ダウンの汚れをしっかり落とし、買ったときのような風合いに復元するには、高度な専門知識や技術を必要とします。

多くのクリーニング屋さんは、クリーニング工場で働くパートの方たちがクリーニングしています。

高価なお気に入りのダウンを、どちらにお任せすれば良いか、言うまでもありませんよね。

『Kileina(キレイナ)』の圧倒的な技術力

『Kileina(キレイナ)』は、高級ダウンをクリーニングしている様子を動画で公開しています。

彼らの技術力は、その動画で確かめるのが一番早いと思うので、いくつかご紹介いたします。

下の動画では、モンクレールのダウンコートをクリーニングしています。

次は、TATRASのぺったんこになってしまたダウンコートを復元する様子です。

ふかふかの状態に戻っているのがよくわかりますね!

衣替えの前に、ダウンの汚れをしっかり落としたい方はぜひ『Kileina(キレイナ)』のサイトを確認してみてください。

宅配でダウンを預けて、受け取ることが出来るので、とても便利ですよ。

そもそも、高級ダウンってケアが必要なの?なにが違うの?という方は、次の説明をご覧ください。

モンクレールやカナダグースの羽毛は違う?

そもそも高いダウンと安いダウンの違いって?

「ダウンって羽が入っている服のこと?」という感じで、なんとなくご存じの方も多いと思います。
しかし、ダウンジャケットやダウンコートには、ユニクロなどのファストファッションで安価なものから、モンクレールやカナダグースのように10万円以上するものもあります。
実はこの違いにケアが必要な秘密があります。

ダウンの中身はどんな羽?

ダウンの中身は2つ。

  • ダウン(綿毛)
  • フェザー(羽根)

主にこの2種類を「水鳥」のものが使用されています。
水鳥は水面での生活が多いことから、羽毛は水に浮かぶように発達しており、軽さと、撥水性という特性を持っています。
また、水鳥の種類も主に2種類。

  • グース(ガチョウ)
  • ダック(アヒル)

カナダグースをお持ちの方は、おや?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

グース(ガチョウ)とダック(アヒル)の特徴

実は、モンクレールもカナダグースも使用しているものは「グース(ガチョウ)」です。デュベティカも同じです。
ダウンも奥が深く、使用される羽には「フィルパワー」という空気包含力というものが数値化されています。
ダウンの暖かさの仕組みは、自分の体温で温められた空気を留めておくことにありますので、この空気包含力が高ければ高いほど、保温性に優れているものになります。

  • グース(ガチョウ)
    • ダックに比べ、フィルパワーが高い。
    • 暖かさや防寒性に優れている。
    • 少量の羽毛でも保温性を発揮。
  • ダック(アヒル)
    • コシが強く結露に強い。
    • 長期間使用するアウトドア向け。

ダウン(綿毛)とフェザー(羽根)の特徴

  • ダウン(綿毛)
    • 水鳥の胸のあたりから採取される軸をもたない綿毛のこと。
    • 羽のように芯がなく、ふわっとした丸い毛玉のようなもの。
  • フェザー(羽根)
    • 芯のある背中部分の羽根のこと。
    • 空気の層を含む力はダウンより低く保温性に劣る。
    • つぶれた状態から元に戻る力が強い。

ダウン(綿毛)とフェザー(羽根)の比率

ダウンの方が保温性に優れているとはいえ、洋服として形状を保つためにフェザーも必須です。
結論からいうと、ダウンの比率が高いほど品質が良いダウンと言えます。
さて、ダウンの作りや羽の素材など知った上で、いよいよ最適なケアと、おすすめのクリーニングをご紹介します。

高級ダウンに必要なケアとは?

まず、上段で書いたダウン(綿毛)とフェザー(羽根)の比率について。
フェザーは芯のある羽なので、力が加わった時に元に戻る力が強く、保温性を発揮する空気の層を作る役目があります。
しかし、このフェザー、着用とともにダウンの中で、この芯が折れてしまう事があります。
折れてしまった羽は元に戻ることはなく、どんどん保温性が失われてしまいます。

それに比べ、高級ダウンはこのフェザーの比率が低く、ダウン(綿毛)が多く含まれているので、このダウン(綿毛)のケアをしっかり行うことで、いつまでも長く着られるようになります。

高級ダウンの自宅ケア

高級ダウンとはいえ、着用のたびにクリーニングに出す、というのは現実的ではないですよね。
折れてしまったフェザー(羽根)は元に戻りませんが、大切なダウンを長く着るために、ダウン(綿毛)はご自宅でも出来るケアがありますので、方法をご紹介します。

  1. 着用後は風通しの良い場所で保管する。
  2. 雨などに濡れてしまったらしっかり乾燥させる。

まずはこの2点を徹底しましょう。
ふっくらとした状態と、保温性を維持するには、大切なのはしっかり乾燥させることです。
濡れてしまった状態はもちろん、寒い時期でもダウンの暖かさ故に意外と汗をかいているので汗や皮脂汚れが蓄積しやすくなっており、湿った状態での放置は状態を悪化させてしまう原因になってしまいます。

シミ・汚れを落としたい、自宅で丸洗いしたい、という場合にはこちらの記事をご覧ください。

ダウンコートの宅配クリーニングならリネット

ダウンのお手入れはクリーニングするしかない?自宅でケアする方法は?

2018年9月25日